オーダーメイド京染め 京都 きもの ひとしほ
オーダーメイドで作るあなただけの京染め 京都 ひとしほ

多彩華麗な絵模様が特色

京都に続く染色加工(地方染めに対する名称)で、江戸時代から「京染め・京染物」と称されて、京染めの特色は白生地を小袖模様に染めることで、地色の「紅染・紫染」は京都の特技とされていました。

染めの種類により、分業となるのも特色で、悉皆(しっかい)業はこの分業の統制を行い、地方顧客の需要を満たす大きな役割を担っています。
京友禅師金彩友禅師

糊置防染法による模様染めの一つで、多彩華麗な絵模様が特色で、近世の染織服飾、小袖模様の発展に重要な役割を果たしてきました。

人気絵師 宮崎友禅斎の登場

元禄期(1688〜1704)の宮崎友禅斎の創案と伝えられ、京友禅は、我が国における模様染めの代名詞として使われるほど、世界的にもよく知られています。
多彩で絵画調の模様をきものに染め表す友禅染めは、町人文化の栄えた江戸時代のに開花しました。
この頃京都の洛東、東山・知恩院の門前町に居を構えていた扇絵師“宮崎友禅斎” の描く扇絵が人の人気を集め、井原西鶴の浮世草子『好色一代男』(貞亨3年)にもその様子をうかがうことができます。

そこで、人気絵師友禅斎(幽禅・祐禅・由禅)の描く画風をきものの意匠に取り入れ模様染めの分野に生かされたのが“友禅染め”の誕生となりました。友禅染めは、江戸時代にさまざまな技術の集約をし、ほぼ完成したものであります。
衣類の染色を施すことが始まって以来、墨または青花で構図を描くこと、糊置きをして色の堰止めを行なうこと、筆で色を挿す、刺繍を施す、金銀砂粉・箔などを施すなどの技術の完成は、みな時代が異なっているようであります。
こうした技術を集約して完成させたのが江戸時代の宮崎友禅斎であると伝えられており、今日の「手描友禅」の基をなしています。

型紙と染料の発展

一方で、この方法とは別に伊勢の白子町では早い時代から和紙を2枚〜3枚柿渋で貼り合わせた型紙の材料が作られ、この型紙に模様を彫刻したものを用いた小紋染などの模様染が行われており、江戸時代には武士の裃・袴などの染色に用いられていました。

時代が下って明治時代を迎えると、文明開化とともに化学染料が染色に導入されるようになりました。
化学染料と糊で色糊を作り、型紙によって友禅模様を写し染める写し友禅染めが、友禅染めの中興の祖と称えられる“廣瀬治助翁”によって発明され、「型友禅」として発展を遂げました。
それまでの模様の輪郭を筒糊や楊子で糸目状に糊置き、手描き彩色する糸目友禅染めが主流だった友禅に写し友禅染めが加わり、量産が可能になったため、友禅きものは一気に普及して、人々のきものは華やいだ彩りに溢れました。

その後も新しい技法が今日まで次々と工夫され、京の友禅染めは飛躍的な発展を遂げることになりました。

伝統工芸品の指定を受けています。

このマークをご存知ですか?

京友禅・京小紋は、「伝統的工芸品」として指定を受けています。
昭和51年6月に通商産業大臣(現経済産業大臣)

 

 

COPY RIGHTS 2010(C)Hitoshio,INC. ALL RIGHTS RESERVED.
ホームページ制作